【営業の成功事例】なぜか目を合わさずに契約取れた!

A何か営業で珍しい体験をしたって聞いたのですが…目を合わせないまま営業したことがあるとか…

Bそうなんですよ。アレはまさかでした。

A詳しく教えてもらえますか?

Bはい。あれは、ある埼玉のマンションに訪問販売にし行った時なんですけど。その時は先輩と二人で営業していて、そのマンションに着いたら先輩は上の階から、僕は下の階から順番に売っていこうってことになったんですね。それで、下の階から順番にベルを鳴らしていこうと思ったら、一番端のほうにバイクの修理をしている20代後半くらいの男の人がいたんです。

Aちょっと話しかけづらいですね。

Bそうなんです。ちょっと難しいかなぁ、と何となく思いましたね。でも、どうせ一階の部屋全てに訪問するんだから、最初に声かけてみようと思って声をかけたんです。

Aさすがですね!

Bいやいや。それでいつものように「順番にお知らせで回ってまして、今少しお時間よろしいですか?」って声を掛けてみました。そうしたら意外にも「修理しながらでいいなら、聞くよ」と返ってきたんです。なので、それで話をしてみることにしました。

Aいやー、でもやりづらいですよね?

Bそうでしたね。実際、結構やりづらかったです。商品の話をしている最中は、たまに「へぇ」とか相槌を打ってくれるんですけど、基本的にはバイクをいじってるので、全然目を合わせてくれなくて。でも、めげずに話を続けていました。正直気持ち的には、「まぁこの人は契約してくれないだろう」という気持ちでしたけどね。

Aそれは、そうですよね。

Bはい、それでそうこうしているうちに、特に良い感触も掴めないままクロージングに入っちゃったんです。でも、驚いたことに、「契約するよ。何書けばいいの」と言ってきたんです。

Aえぇ〜!すごいですね!

Bラッキーですよね。まったくもって。それで、普通に何の問題もなく契約書にサインしてもらって、無事に終わりました。

Aそれはそれは、よかったですね。それにしても、面白い体験でしたね。

 


学びのポイント


「あなたが買っても買わなくても、私にとってはどちらでもいいんです」という姿勢が営業に成功をもたらしてくれます。

なぜか?それには理由があります。

例えば、世界的な権威であるマーケッターのダン・ケネディは、このことに関して以下のように言っています。

「売れるかどうかにまったくこだわらない淡々とした態度がセールスを成功させる」

この言葉は、『億万長者の不況に強いセールス戦略』より引用しました。

あのダン・ケネディが言っているのですから、間違いないでしょう。

少しイメージしてみてください。

実際のところ、「これめっちゃいいから、今すぐ買いなよ!ねぇ!買いなよ!」と熱く言われると、「いや、いや、もういいから」となってしまいますよね。

でも、「これ結構いい商品なんだけどさ、要る?もし要らないなら他の人に譲っちゃうけど」と言われるほうが「もう少し聞かせてくれない?」となりますよね。

つまり、私たち人間は ”売り込まれるのが嫌い” だということなんです。

いつの間にか、あまりの熱心さで売り込んでしまうことがあると思うので、注意したいですね。

この大切な姿勢についてはこの記事に、詳細に書かれています→営業で成功する人は悪女の法則を使っている『非常識な成功法則』より

 

関連記事

  1. 営業のコツは普通であること?異常であること?

  2. 営業ツールの例として、写真は厳密に選ぶべし!

  3. パチンコ屋の5つの集客技術から学ぶ営業のコツ

  4. ”無意識の影響”を営業に使うコツ「タイミングを見極める」

  5. 住宅への飛び込み営業3つのコツ「ニコニコするな!」

  6. 商談でウケるトークのコツとは?3STEPで習得できる!

無料相談受付中

当サイトに関わるテーマで悩み事や相談事がある方は、お気軽にご相談ください。ご相談フォームはこちらです。