営業マンにおすすめの携帯式靴べら3選

(写真を見ていただければ、小さいながらもきちんと履けることが分かると思います。手で動かしながら履くから、この大きさで充分なんです。写真の携帯式靴べら

 

イメージしてみてください。

「本日はありがとうございました」と言いながら、革靴をコツコツして靴を履き、退出する営業マン

どうですか?

「本日はありがとうございました」と言いながら、ポケットから携帯式靴べらをサッと出して、スムーズに靴を履き、颯爽と退出する営業マン

どちらのほうが好印象だと思いますか?

間違いなく、携帯式靴べらを使った営業マンですよね?

 

サイズと見た目で選ぶ携帯式靴べら

 

一番大切なのは、サイズ。

基準は、私が持っている10cm×4.5cmで判断していきます。(Amazonのページには14cm×4cmと書いてあるが、靴べらそのものの実際の大きさは、縦が10cmで横が4.5cm)

その次に大切なのは、見た目。

ビジネスシーンに相応しいものという基準で判断していきます。

 


Natural stuff



出典:Amazon

一番上の写真で紹介したものです。

ポケットに入れておいても特に邪魔くささを感じないものです。そして、すぐに取り出せて、スムーズに靴を履くことができます。

ということで、非常に満足している品物です。金額もお手頃。

まぁ、見た目もこの程度であれば、問題ないと思っています。

 


Ahorita



出典:Amazon

こちらの大きさは、Q&Aカスタマーの箇所に書いてありました。

靴べら部分、縦約10cm×横約4cm

だから、大きさは問題ありません。

見た目もビジネスシーンには問題ないと思います。

 


ARIALK



出典:Amazon

大きさは、カスタマーQ&Aより。

キーリングの付け根から靴ベラの先端までで10.3cm。

ということだから、特に問題はありません。横の大きさは記載されていませんが、時計のベルトよりも大きい感じなので、こちらも問題ないでしょう。

見た目も特に気になるところはありません。

ちなみに、カスタマーQ&Aに「この携帯式靴べらを鞄に付けている」と書かれていたのですが、個人的にはダサいから辞めるべきだと思います。それに、スーツのポケットが一番取り出しやすいはずです。携帯式靴べらを持つ第一の目的は、お客様の前でクールに靴を履くことですので、その点を忘れずに使いたいところです。

 


まとめ


以上、3つの携帯式靴べらを挙げさせていただきました。

思った以上に「これは使える!」と思うはずですので、ぜひ試してみて欲しいです。

仕事以外でも、靴を脱ぐ機会があれば、そこでも活躍してくれる一品です。居酒屋や女性の家など、使えるところは意外と多いですので。

ちなみに、携帯式靴べらで折りたたみのタイプがあるのですが、それは辞めるべきです。なぜなら、履こうとしている時にも折れるからです。「ここで折れるなよ!」という感じなので、手を出さないことをおすすめします。

あと、3,000円くらいでお値段が高いものがあるのですが、違いはデザインくらいなもので、常に人の目にさらされるものでもないから、そこまでデザインにこだわる必要はないと思っています。なので、高いものは特におすすめすることはありません。お客様の前でスムーズに靴を履くためのツールなのですから。

関連記事

  1. 紳士的な営業マンの持ち物7選

  2. 街コンでモテる男の特徴が判明「スタッフ経験の内部情報」

無料相談受付中

当サイトに関わるテーマで悩み事や相談事がある方は、お気軽にご相談ください。ご相談フォームはこちらです。