半沢直樹が流行った理由を知れば営業成績を上げられる?

半沢直樹というドラマは見ましたか?

2013年に放映されていた「倍返しだ」というセリフが有名で、視聴率は最終回では40%を超えた、銀行員が様々な圧力に立ち向かっていく姿を描いたドラマです。

なんといっても視聴率が40%超えというのは、通常ではありえない数字ですごく驚きました。

どうして、こんな視聴率が出たのか?

なぜ、こんなにテレビの前に人を集めることができたのか?

 


高視聴率のワケ


一言で言うと、「世の中の多くの人が抱える”うっぷん”を代わりに果たしてくれたドラマだったから」だと考えられます。

主人公の半沢直樹はドラマの中で、数々の困難や上司からの圧力を一生懸命に乗り越えていました。

その姿はまさに”私たちの日頃の不満をぶった切る超イカしたヒーロー”のようなものでした。(特に上司に反発するシーンは多くの人の脳からドーパミンを垂れ流しにしたのではないでしょうか)

どうして私たち人間は、ヒーローのことが好きなのか?

 

私たちは、自分の8つの主要な欲求が満たされればうれしいだけではなく、他人がどのようにして8つの欲求を満たしたかを文章で読んでもうれしくなる。LF8の欲求が満たされたことをまるで我がことのように感じ、想像上の経験を通してうれしくなるのである。

『現代広告の心理技術101』より)

なぜヒーローが好きなのかは、これで説明できます。

 

まず8つの欲求を「現代広告の心理技術101」から引用してご紹介させてください。

 

  1. 生き残り、人生を楽しみ、長生きしたい
  2. 食べ物、飲み物を味わいたい
  3. 恐怖、痛み、危険を免れたい
  4. 性的に交わりたい
  5. 快適に暮らしたい
  6. 他人に勝り、世の中に遅れを取りたくない
  7. 愛する人を気遣い、守りたい
  8. 社会的に認められたい

 

以上がLF8という”生物学的に私たちにプログラムされている8つの欲求”です。

これを半沢直樹が流行ったワケに当てはめるとどうなるのでしょうか?

 

なぜヒーローが好きなのか?

それは、、、

ヒーローが活躍している姿(欲求をかなえている姿)を見て、まるで自分の欲求がかなえられたと感じるからなのです。

 

なぜ半沢直樹が流行ったのか?

それは、、、

 

  • 半沢直樹が上司を打ち負かす姿を見て、視聴者自身も他人に勝ちたいという欲求が満たされたから。
  • 半沢直樹が部下に慕われているのを見て、視聴者自身も社会的に認められたいという欲求が満たされたから。
  • 半沢直樹が花に愛されているのを見て、視聴者自身も愛する人を気遣い、守りたいという欲求が満たされたから。
  • 半沢直樹が不正や上司に懸命に立ち向かっている姿を見て、視聴者自身も人生を楽しみたいという欲求が満たされたから。
  • 半沢直樹が出世している姿を見て、視聴者自身も社会的に認められたいという欲求が満たされたから。

 

となります。

 


まとめ


ドラマ半沢直樹が流行った理由は、「ヒーロー(半沢直樹)が活躍している姿(欲求をかなえている姿)を見て、まるで自分の欲求がかなえられたと感じたから」だということです。

やはり私たちは、ヒーロー物が好きなのです。

スーパーマンやワンピース、ウルトラマンなどは見ていてすごく楽しいと思えます。

商品やサービス、売り手自身にストーリーがあれば、今までよりもさらに売りやすくなるのではないでしょうか?

関連記事

  1. 飛び込み営業のサボり癖は良いのか?悪いのか?

  2. できる営業マンの3条件?「これを身に付けて成績トップへ」

  3. 商談の会話を弾ませられるサービス(追記:辞めた)

  4. パブリックスピーキングの練習法はこれだ!

  5. パブリックスピーキングの講座比較一覧

  6. 【営業事例解説】心理学のコツを百貨店の店員に使われた私は

無料相談受付中

当サイトに関わるテーマで悩み事や相談事がある方は、お気軽にご相談ください。ご相談フォームはこちらです。