商談の会話を弾ませられるサービス(追記:辞めた)

そのサービスの名は、Flier

このFlierというサービスは、「定額料金で本の要約が読み放題」というサービスです。

「月額2,000円で毎月更新される要約された本30冊」&「これまでに要約された数々の本の要約が読み放題」になります。

よさげなサービスだと思いませんか?

それでは今回は、このサービスをおすすめする3つの理由をお伝えしようと思います。

 


理由1:お客様との商談が弾む


「お客様との商談中は、なるべく良い雰囲気にしたい」

営業マンは誰しもこのように思っているでしょう。

その場合一つの方法としてあるのが、お客様の読みそうな本を読んでおくことです。

ちょっとイメージしてみてください。

 

もし目の前の相手が「そういえば先日この本を読みまして…」と言ってきた場合、その本が以前読んだ本だったらどう思いますか?

おそらく「それ僕も読みましたよ!」と気分は上がりますよね?

 

というようなケースになった場合、商談はスムーズに進むと思いませんか?

であれば、より多くの本を読んでいる方が有利だということになりますよね?

そんな時に非常に使えるのが、このFlierなのです。

 


理由2:手軽さ


このサービスはスマホで見ることができます。

なので、満員電車の中でも、営業車の中でも、上司に叱られている間でも、あらゆることろで数々の本の要約が見れるのです。

スゴく便利だと思いませんか?

だって、紙の本の場合、カバンに入っていたら重いし、混雑している中では迷惑になるから開けないし、読むのに時間がかかるし、という具合にとても大変な思いをするじゃないですか。

でも、Flierならそのような面倒なことには一切なりません。

スマホですからね。しかも、あくまでも情報収集目的。サクッとできればOKなのです。

 


理由3:お値段以上


月額2,000円

これに高いなぁと思った人はいるでしょうか?

もしいるのであれば、こう考えてみて欲しいです。

1冊1,000円の書籍を30冊買った場合、、、

30冊もの書籍を読んだ場合、、、

どれくらいのお金と時間がかかってしまうのか?

1,000円×30冊。。。1冊あたり2時間。。。

ゆえに、3万円と60時間。

膨大なお金と時間がかかってしまう。

しかし、このFlierなら大丈夫!お値段以上。

毎月30冊更新される上に、これまで予約された本が読み放題。なのに金額は月額2,000円。

要約された本を見る場合、時間をかけても5分しかかからない、30冊の要約された本を読むとすると150分。

間違いなくお値段以上!でしょう?

お金と時間の損をさせません。

 


まとめ


以上のように、営業マンのあなたにFlierをおすすめする理由は3つです。

1つ目は、「お客様との商談が弾むから」

2つ目は、「手軽だから」

3つ目は、「お値段以上だから」

どうぞ、気になったらお試しでも使ってみてください。

きっと、昨日よりも知的になるでしょうし。メリットだらけだと思います。

『サピエンス全史』や『LIFE SHIFT』、『HARD THING』、『7つの習慣』等はかなり厚い本なので、要約されていると非常にありがたいですね。

 

追記

このサービスを使うのはやめました。

なぜなら、記憶に残らないからです。本の内容が…。

タイトルだけは覚えているのですが、内容が覚えていないんじゃ、読んでないのと同じです。。。

ゆえに、会話の中で「その本読んだことありますよ」と意気揚々に言ったとしても、「感想は?」なんて聞かれたら困ってしまいます。つまり、本のサクッと読みはあまり意味がなかったのです…。

関連記事

  1. 【営業の成功事例】なぜか目を合わさずに契約取れた!

  2. ”無意識の影響”を営業に使うコツ「タイミングを見極める」

  3. 営業ツールの例として、写真は厳密に選ぶべし!

  4. 営業マンがラポールを築く5つの方法!小さな事の積み重ね?

  5. 飛び込み営業のサボり癖は良いのか?悪いのか?

  6. 営業のコツはカラテカ入江『後輩力』から学べ

無料相談受付中

当サイトに関わるテーマで悩み事や相談事がある方は、お気軽にご相談ください。ご相談フォームはこちらです。