できる営業マンの3条件?「これを身に付けて成績トップへ」

今から紹介する方法を1つでも取り入れて頂ければ、少しずつ能力が上がっていくと思います。

たとえ、すぐに結果が出なかったとしても、続けていけば必ず何かしら変わってくるはずです。

なので、ぜひこの記事を見て終わりにするのではなくて、何かしら一つでも実行して頂ければと思います。

 


大きな目標を持っている


ボールド 突き抜ける力の中では、目標設定に関して、以下のようなことが書かれていました。

われわれの研究の結果、モチベーションや生産性を最大限高めるには、大きな目標ほど効果的であることがわかった。大きな目標は、小さな目標、中くらいの目標、曖昧な目標のいずれをも大幅に上回る成果をあげた。最終的に重要なのは集中力と粘り強さで、この二つがパフォーマンスを決定する最も重要な要因だ。大きな目標ほど作業者を集中させ、粘り強くする。この結果、作業がより効率的になり、失敗しても再び挑戦しようという意欲が高まる

つまり、「大きな成果を出したければ、目標設定は大きくしろ」ということです。

どう思いますか?いやー、もっと目標高くか…と思われた方もいるとは思いますが、間違いなく言えるのは、目標を大きくすると視野が広がるということです。

映画『陸軍中野学校』でのあるシーンのように。「自分自身のためにスパイをしているのではなく、世界の人民を救うためにスパイをするのだ。スパイは崇高なものなのだ」と言われたら、あぁそうか!と思う気持ちが表れたりしませんか?(映画『陸軍中野学校』を紹介した記事

他の例で言えば、「富士山に登ってやる」ではなくて、「エベレストに登るんだ」と思うと意気込みが変わってくるでしょう。

というように、目標が大きくなれば、視野が広がることは間違いありません。それに伴って、野心や行動力も変わってくるはずです。だからこそ、目標は高く設定したほうがいいと言えるのです。営業マンもそうでしょう。この目標の2倍を達成しようとしたら、どう思うでしょうか?今までにないアイデアを実行しなければならなくなるでしょう?

 


70%聞く


コンサルタントの「質問力」』にこう書かれていました。

できる営業マンは、3:7 。

7割聞く方に徹するのです。3割しか話さないと。

たしかに、これはよく聞くことであると思います。

そして、実際によく聞いている人が多くの契約を取れているでしょう。

それではなぜ、7割も聞く方に徹することができるのか?

それは、質問がうまいからです。

逆の立場に立ってみるとよく分かると思います。

自分がいつの間にかたくさん話しているときは、相手に質問をたくさんされている時だと。

「〜はなぜなのですか?」「それで?」「へぇ、それでどうなったんですか?」みたいな感じで連続で質問されている時だと思います。

そうすると、いつの間にか、普通の人には話さないことまで話していることもあるでしょう。

気持ちが良いですよね。話しているときは。

ということで、質問が上手い人は、聞くことに徹することができるから、最終的にできる営業マンになれるのです。

 


第一声で記憶に残す


10秒で人の心をつかむ話し方』にこのようなことが書かれていました。

スピーチは最初の10秒で決まる

著者は「バズーカ砲を撃つ声」と言っています。

たしかに、第一印象が9割とも言われているように、人と話す時の最初の10秒は間違いなく大切だと思います。

それは、あなたも気づいていることでしょう?

八百屋さんの声出しとか最高ですよね?耳にハッキリ入ってきますもんね。

あれぐらいの声なら記憶に深く刻まれるものだと思います。

だからこそ、誰かに覚えてもらいたいのであれば、バズーカ砲をぶっ放そう!

 


まとめ


大きな目標を持つこと、70%聞くこと、第一声をぶっ放すこと、これら3つの方法を紹介させていただきました。

目標をすぐに書き出して、事前に商談用の質問を用意して、言葉の出し方に日頃から注意して頂ければ、これらの方法を実行できたことになります。

なので、今すぐに実行して頂ければと思います。すぐにやれば、結果が出る日も近いです。

関連記事

  1. 地球のハードワーカー社長7選

  2. 飛び込み営業のサボり癖は良いのか?悪いのか?

  3. 営業のコツは普通であること?異常であること?

  4. 意外なセールスのコツ?それは徹底的な◯◯である。

  5. 営業ツールに使える、便利な週刊誌のヘッドライン56選

  6. 営業マンにおすすめの本3選+1個「人の根源的欲求」

無料相談受付中

当サイトに関わるテーマで悩み事や相談事がある方は、お気軽にご相談ください。ご相談フォームはこちらです。