ビートたけしがかっこいい3つの理由をまとめてみた結果

芸能界において、知らない人はいない存在であるビートたけしさん。

また、北野武名義で、映画監督として数々の名だたる作品を送り出しています。

ビートたけしさんは、芸能界の大御所にも関わらず、たくさんの人に慕われ愛されていますね。

長い間芸能界で活躍し、みんなに慕われている理由は、たけしさんのカッコいい人柄にあると思います。

今回は、そのたけしさんのカッコいい理由を3つにまとめ、感じたことをお伝えします。

かっこいい理由1:仕事に対する姿勢

出典:https://www.instagram.com/p/CTex8gyvEMp/?utm_source=ig_web_copy_link

たけしさんは、普段テレビで見ると変なものをかぶっていたり、ボケてみたりと面白おかしい印象があります。

しかし、たくさんの過去のインタビューやエピソードを見ると、本当は仕事に関してものすごく真面目で、ストイックな考えであることがわかります。

その印象と考え方のギャップがとてもかっこいいんですよね!

ここで、たけしさんの真面目でストイックなところをご紹介します。

監督として映画に対する考え

出典:https://www.instagram.com/p/COZbKkmHL5Y/?utm_source=ig_web_copy_link

たけしさんが監督をした映画は、国内にとどまらずカンヌ国際映画祭やヴェネチア国際映画祭など、世界的にも高い評価を受けています。

そのような高い評価の映画は、どのように作っているのでしょうか?

たけしさんは、インタビューに下記のように答えていました。

撮影は漫才と同じ。いちばんおもしろいのは初めて客前でやったネタだ。何回も同じネタをやっても面白くない。演技も同じと思っている。だから役者は一発勝負。よほどの失敗がない限り、取り直しはしない。

引用元:北野武が楽しむ、ビリビリした異様な現場の空気|北野武が語る一発勝負の演出論|北野武|cakes(ケイクス)

たけしさんの撮影現場は、ドライ(カメラなしでの通しのリハーサル)一回して、立ち位置を確認しテイクとらないですぐ本番に入るそうです。

出演した俳優さんのなかでは「説明のないまま始まる恐怖がいつもあります。」と言っている方もいます。

またテンション上げ過ぎて、セリフで大声出した後気絶した俳優さんもいたそうですよ。

芸人としてお笑いに対する考え

出典:https://www.instagram.com/tv/CTK_B2RhpMm/?utm_source=ig_web_copy_link

ある日、たけしさんとスタッフが一緒に楽屋へ向かっていた時の出来事です。

廊下の曲がり角で、たけしさんが急に来た道を引き返したそうで、スタッフが不思議に思いたけしさんを置いて、先に進んで曲がってみると、そこには若手芸人コンビが本番前にネタ練習をしていたそうです。

若手コンビは、歩いてくるスタッフに気付きネタ練習を止め、スタッフに挨拶をしました。

これは、たけしさんが漫才やコントも一発勝負と考えているから、本番前コンビで真剣に練習しているところを、邪魔しないよう気遣ったのではないかと言われています。

清原研究員
清原研究員

このことから、いかにたけしさんがお笑いや映画撮影の仕事に対して、真面目でストイックな考えを持っていることが分かるわ。

お笑いもお芝居も一発勝負。慣れてしまったものに感動はない。
たけしさんは、芸に対してそのような美学を持っているように感じさせるね。

山崎研究員
山崎研究員

カッコいい理由2:お金への価値観

出典:https://www.instagram.com/p/CS4BzaBJ-T7/?utm_source=ig_web_copy_link

たけしさんはお金に対して執着心がありません。

これほどご活躍されていれば、たけしさんはものすごくお金を持っていると思われますが、贅沢をしているといったイメージはありません。

「人間、お金に振り回されたら、どこまでも下品になる。」

このように考えていた、たけしさんのお母さんの性格が影響しています。

たけしさんがお金に執着しないエピソードはたくさんありますが、その一部をご紹介します。

  • 生まれ故郷浅草の夜の繁華街で酔っ払ったたけしさんは、会う人会う人すべてにお金を配り始めた。
  • たけしさんの事務所内金庫のお金が盗まれ、犯人捜しをする事務所の芸人(たけし軍団)に対して、「そんなことするくらいなら、芸を磨け」と叱った。
  • たけし軍団の芸人の引っ越し祝いに、たけしさんは洗濯板と桶を送った。受け取った芸人が苦笑いしながら桶をひっくり返すと、100万円が入ってある封筒が桶の裏側にくっついていた。

たけしさんはインタビューで以下のことを語っていました。

「お金がないことを、そのまま【下流社会】といってしまう下品さに、何故世の中の人は気づかないのだろう。【武士は食わねど高楊枝】という日本本来の気概はどこにいってしまったのか。」

「貧乏人の痩せ我慢と言ったらそれまでだが、そういうプライドが俺は嫌いじゃない。」

清原研究員
清原研究員

たけしさんは、お金に振り回されることを恥と考え、お金があるなしで、人を判断しない。
そのように考えているのではないかと思うわ。

世の中全てが、お金持ちだからえらいわけではなく、お金が無いから駄目なわけではないよね。
たけしさんの考えに触れるにつれ、お金にばかり執着してはいけないと感じさせられたよ。

山崎研究員
山崎研究員

かっこいい理由3:たけしさんの名言

出典:https://www.instagram.com/p/CSZhRYCB_J5/?utm_source=ig_web_copy_link

たけしさんの出版された本や、数々のインタビューに答えた言葉には、たけしさん自身の半生、経験から生まれた

非常に魅力的な名言が数多くあります。

ここではその一部を紹介します。

  • どうせ死ぬとき楽になるんだから生きている間はとことん辛く生きよう、というのが僕の考え。
  • 世界に何十億と女がいるのに、一人の女に振られただけで、そんなに落ち込んでどうする。もっと素晴らしく、お前を愛してくれる女の子は一杯いる。めぐりあってないだけ。
  • 未来というのは結局この一瞬一瞬の積み重ねなんだ。この今の延長に未来がある。遠い未来もこの瞬間の積み重ねなんだよな。
  • 努力ってのは宝くじみたいなものだよ。買って当たるかどうかわからないけど、買わなきゃ当たらない。
  • 他人への気遣いで大切なのは、話を聞いてやることだ。自慢話は一文の得にもならないし、その場の雰囲気を悪くする。それよりも、相手の話を聞く方がずっといい。
  • 稽古を一年やったやつと、十日舞台にでた漫才師がいたとしてさ、その実力の差っていうのは、舞台に出た奴が勝つに決まってるわけだから。稽古は駄目なんだよね。現場にでないと。

この他にも紹介しきれない、たけしさんの名言はたくさんあります。

あらゆる人生経験を積んで生まれたかっこいい言葉は、私たちの人生の活力となりますね!

清原研究員
清原研究員

ここに紹介していない名言もまだ数多くあり、それを読んでいくとたけしさんの言葉は変に気持ちを高揚させたり、強い口調のものではなく、その豊富な人生経験から生まれた非常に現実的な言葉だと感じたわ。

そして、相手に話しかけるような感じなので、とても私の心に沁みるね。
悩んだときや落ちこんだとき、たけしさんの語りかけるような言葉は、気持ちが救われるよ。

山崎研究員
山崎研究員

まとめ

出典:https://www.instagram.com/p/CS3S3SShhzB/?utm_source=ig_web_copy_link

今回はビートたけしがかっこいい3つの理由をまとめてみた結果について以下のとおり紹介しました。

  1. 仕事に対する姿勢
  2. お金の価値観
  3. たけしさんの名言

たけしさんのかっこいい理由をまとめていくと、その人柄がとても真面目で、人間の品性を大事にする方だと私たちは感じました。

お金持ち美男美女であろうとも、もし言動が下品であった場合、人は早かれ遅かれまわりの人からドンドン嫌われていきますよね。

しかし、たけしさんはどんなに成功しても決して偉ぶることはありません。

たけしさんのたくさんの言動は、とても清らかで力強く凛としていて、人間のかっこよさを感じました!

物が溢れ様々な情報が巡るなか、お金を稼ぐこと有名になることばかり考えるのではなく、たけしさんのように何事にも真面目に、人間の品性を意識した謙虚な生き方も、非常に大事ではないかと思います。

最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございました。