営業のコツを学び、3ヶ月でトップセールスマンになれた話

この記事では、「営業のコツを学び、3ヶ月でトップセールスマンになれた話」をさせていただきたいと思います。

その3ヶ月間で何があったのかを振り返ってみると、1ヶ月目なんて初めての営業職だから覚えるだけで精一杯、それでも2ヶ月目には独り立ち、そして3ヶ月目で営業成績トップに、このように月日を経て成績を伸ばしていったことを覚えています。

なのでこの記事では、「その3ヶ月間で何をしていたのか」を順序立てて具体的にお話していきたいと思います。

 


なぜ未経験の営業職をやろうと思ったのか?


私は営業の仕事に就くことに決めました。

売る商品は、インターネット回線です。

どうして突然、営業未経験の私が、営業の仕事に就こうと思ったのか、って?しかも、飛び込み営業に?なぜ?

それは、営業の経験をしておけば、将来的に活躍できる人間になれるのではないかと思ったからです。

うーん。でもそれも嘘っぽい。どこか違う気がする。

見栄を張らずに考えてみよう。飾らずに…。

しばらく考えて出てきた答えは、「めちゃくちゃ稼げる人間になりたいと思ったから」ということでした。

たぶんそうです。人の目を気にせずに、ありのままで言うならば、とにかく稼ぎたいからだったと思います。

単略的だろうか?そうだとしても、当時はそれしか思いつかなかったのだから仕方がないです。

それで、都内にある従業員数50人規模の営業会社に勤務することになりました。

 


先輩が借金取りに見えた初出勤日


「みなさん、よろしくお願いします!」

勤務初日、約30人の営業マンの前で挨拶をしました。

約30人?50人ほどいると聞いていたのですが、人数が少ないようです。

なぜなのか?一人の営業マンに聞いてみました。

すると、「既に外に出ている人、泊まりがけで遠くまで出ている人もいるんだよ」と。

なるほど、そういうことだったのか。

そして、教育担当の谷本さんにこう言わました。

「先輩営業マンに付いて行って、まずは現場でどんな感じで動いているのかを見てくれ。今日はこの二人にお願いしているから」と。

初日は、先輩営業マンの2人と一緒に回らせてもらうことになったのです。

「じゃあ行くか」と先輩営業マン。

私は、「はい!よろしくお願いします!」と言いながら営業カバンを持って、事務所を出ました。

事務所を出る際には「行ってきます」を欠かさずに言うこと。これがルールです。

そして、駐車場に着くと、同じような軽自動車が数台置いてあるのに気づきました。

私は先輩営業マンに促され、そのうちの1台の後部座席に乗り込みました。

 

前の先輩二人のカバンを自分の隣の席に置き、エンジンスタート!

「おぉついに営業が始まる!」と少しワクワクした気持ちと不安が混じった、まるで入学式のような感覚だったことを覚えています。

まず向かったのは、板橋区にあるアパートやマンションです。

マンションの下に着くと、ひとりは下から順に、もうひとりは上から順に、ピンポンしていく。

とにかくピンポンを。私はひとりの先輩の後についていきました。

「ピンポーンピンポーン」とインターホンを押す。

反応がなければ、もう一度。

「ピンポーンピンポーン」2回目。

反応がなければ、ドンドンドンドンと扉を叩き、「こんにちは〜」「お世話になっております〜」と言葉を発する。

その光景を見た営業未経験の私は、「そこまでするのか」と思いました。言い過ぎかもしれないですが、まるでドラマの取り立てを見ているようで、非常に驚いたことを覚えています。

 

「ガンガン攻めますね」と聞くと。

「え?そう?これが普通だよ」

そう、これが普通なのです。電気メーターが回っていたり、中に人が居る気配がすれば、ガンガン行くものなのです。

 

営業のコツ:数を稼げ

ターゲットが合っていることが大前提な上で、数を稼ぐことが必要です。飛び込み営業なら、扉を叩く数。テレアポなら、架電の数。100~200件で1件取れれば、最高の出来でしょう。悩んでやらないくらいなら、数をこなしたほうが絶対に良いです。

 


ホッカ弁を公園のベンチで食べる


昼過ぎのキリが良いタイミングで、ご飯の時間です。

初日は、ホッカ弁を買って、公園のベンチで食べました。

「いつも公園ですか?」と先輩に聞くと。

「いや〜、今日は天気がいいからさ」

なるほど。それにしても特殊です。公園のベンチでスーツでご飯を食べるなんて。

しかし意外にも良いものですね。気持ちがいい。青空の下でご飯を食べるなんて、何年ぶりか分からないくらいです。小学生以来じゃないか?そんなことを考えながらホッカ弁を食べました。

そして、先輩はタバコを吸い始める。二人とも。

 

営業コツ:気持ちの切り替えが必要

朝から晩まで臨戦態勢でいるのは、厳禁です。絶対にやってはいけません。なぜなら、後半に沈んでしまうからです。もちろん一日を全力でやりきることも大切ですが、それ以上にどのタイミングで力を集中さえるのかを決めて、営業に挑むことも重要です。一点集中、一点突破。

営業マンが見るべき映画5選「コツとモチベーションをGETせよ」

 


初出勤日なのに全体飲み会に参加


会社全体で飲み会があるらしいのです。

「どうする?初日だけど飲み会出るか?」と聞かれました。

たしかに初日で何もかもわからない状態、私のことを知らない人ばかりだろう、と若干迷いながらも、でもまぁ、どっちみちこれから知り合うんだし、行ったれ、と思ったので「参加します!」と伝えました。

「おぉそうか」と少し驚かれた後に、「了解」と言われました。

そして、初出勤日の夜は、居酒屋での飲み会に参加です。

みんなよく食べ、よく飲む。

そして、その中のひとりの営業マンから、今でも頭の中に残っているある言葉を言われたのです。

「営業は誰でもできるようになるから大丈夫だよ」

今なら言えます、まさにその通りだと。

しかし、当時は営業未経験の人間です。だから、その先輩に対してこう思っていました。

そんなこと言ったって、あなたは営業するのがうまいからできているんでしょう?しかもイケメンじゃないか、私には無理だよ、と。

そんなこんなで、飲み会は終了し、帰宅しました。

 

営業のコツ:営業は誰でもできるようになる

本当にこの言葉の通りです。誰でもできるようになります。ただし、もちろん練習すれば、の話ですが。

スクリプトを暗記して、外見をある程度整えて、覚えた通りに話すことができれば、誰でも営業成績を上げることができます。これは間違いありません。

もしそれでもダメなのであれば、スクリプトを見直すか、ジェスチャーや話し方を変えるか、脚本術やプレゼンを学ぶか、ツールを作り直すか、ターゲット選定から見直すか、臨機応変に対応できる力をつけるか、などをやらなければなりません。

そして、修正を繰り返していけば、誰でもできるようになります。

パブリックスピーキング3つのコツ「目/耳/頭へ影響を与えろ」

 


初契約はアパート1階独身男性


自分1人で契約が取れるようになるまでは、教育担当の谷本さんが付いてくれました。

初めて契約が取れた日は、雨が降っていたと思います。

午前中はタコって、午後2時頃。あるアパートの1階をピンポンを。

 

「お世話になっております。株式会社◯◯です。電話回線についてのお知らせで回っております」

スウェット姿で20代の男性がゆっくりと玄関先に出てきた。

その人に対して、色々と説明しながら、横にいる谷本さんに補足をしてもらって、なんとか最後まで説明し切りました。

すると、特にネガることもなく、自然と契約に至ったのです。

「それでは、こちらとこちらに署名をお願いします」

そして、契約書を持って立ち去る。

「以上で終わります。ありがとうございました」

すぐに事務所に電話をし、契約内容の連絡をしました。

チェックシートにもとづいて。

「分かりました。これでお客様に連絡をして、折り返しがなければ、契約が完了したということになります」と事務所の方に言われて、電話を切りました。

しばらく待つ。10分くらい。

そして、谷本さんに「もう大丈夫だろう。おめでとう」と言われて、私は心の底から嬉しくなりました。

「ありがとうございました!」飛び跳ねましたね。心の中で。

 

営業のコツ:スクリプトを暗記せよ

なぜ、営業未経験でも契約を取ることができたのか?

それは、営業する時のセリフを覚えたからです。

もちろん今回の場合で言えば、谷本さんにサポートしていただいたことはあるのですが、それでも最後まで手動していたのは私でした。そして、手動していた人間は、営業未経験の人間だったのです。

未経験にもかかわらず、契約が取れたのは、設計された言葉を覚えていたからです。それは、脚本だとも言えるかもしれません。俳優で言うならば、台本です。台本を覚えて1つのドラマを作っていく俳優。

今思い出しました。ある先輩営業マンの言葉です。

「営業やってるときは演じればいいんだよ」

実は、営業マンは”ドラマの中で演じている俳優”と同じです。

だからこそ、演じる上で最も大切な「スクリプトを暗記すること」は必須なのです。

営業トークのコツは脚本術でGET!【注意】映画が楽しめなくなるかも

 


先輩営業マンが次々と契約を取る


研修期間も終わりに近づいてきました。

今日は、谷本さんともう一人の営業マンと一緒に、テリトリーを回る。

場所は、藤沢。

この頃には、ほとんど自分ひとりで営業できるようになっていました。

叩くところからはじまり、契約書に署名してもらい、事務所に電話するまでの一連の流れを。

それで今日初めて、谷本さんに「もう大丈夫だろ」と言われました。

私も、「もう大丈夫だ」と思っていたのですが。

そう思っていたのに、その判断は間違っていたとその日の夕方に気付かされました。

何で気付かされたのか?

先輩営業マンが凄さを目の当たりにしたことによって、です。

次々と契約を取ってしまうので、非常に驚きました。

「今日は調子がいいわ」なんて言っているが、スゴイと思いました。

そんなふうに思っていた時に、谷本さんに「録音しておくといいよ」と言われました。

そうか、このできる先輩営業マンの言葉をコピーすれば、自分のレベルも上がるのか。

私はすぐに、スマホで録音しました。

 

営業のコツ:完コピせよ

うまくいっている人の真似をすることは、非常に効率が良いことです。

もしあなたの頭の中に、「真似するのは自分の信念に背くことになる」などという、余計な思いがあるのであれば、今すぐにそれを排除することをオススメします。

なぜなら、うまくいっていないのは、うまくいく方法を知らないだけだからです。

逆から言えば、うまくいっている人は、うまくいく方法を知っているだけなのです。

知っているか、知らないか、この違いでしかありません。

「録音しておくといいよ」by.谷本さん

 

続く…(編集中)

関連記事

  1. ”無意識の影響”を営業に使うコツ「タイミングを見極める」

  2. 営業のコツはカラテカ入江『後輩力』から学べ

  3. 営業の極意は子牛を動かした少女が知っていた

  4. 営業マンのトーク術「あなたと同じ」と言えばいい

  5. 意外なセールスのコツ?それは徹底的な◯◯である。

  6. セールスのコツは「AEDの使い方動画」で学べる

無料相談受付中

当サイトに関わるテーマで悩み事や相談事がある方は、お気軽にご相談ください。ご相談フォームはこちらです。